夏は日焼けはご法度

毛

肌が黒いとできない

冬の間は非常に寒いので、できるだけ肌の露出は控えるでしょう。一応冬でも紫外線はあるようですが、夏程厳しくありません。春になると徐々に暖かくなり、肌を出して生活することも多くなります。夏のような暑さもないので、特に日焼け止めなどの紫外線対策をせずに過ごす人もいます。春の晴れた日に半袖などを着ていると、肌が真っ赤になったりするときがあります。それは日焼けであって、そのままにしているとどんどん黒くなる可能性があります。脱毛サロンなどでサービスを受けるときに気を付けることとして、肌を黒くしてはいけないことが挙げられます。脱毛サービスでは、脱毛したいところに光を当てたり医療機関ならレーザーを当てます。それによって毛根に強い力を与え、生える力を無くさせます。医療レーザーなら一度の照射で生えてこなくなるときもありますし、光を使ったタイプでも何回か照射すればそれなりに生えてこなくなります。この時黒い部分に力が集中されます。脱毛サービスを受ける前は除毛をしておき、わずかに生えている毛に力が集中させます。肌が黒いと、毛が生えていない肌の部分にも光やレーザーの力が行くので、やけどのような状態になり非常に危険になります。サロンなどでは、日焼けをしている状態だと施術をしてもらえません。施術をしてもらおうと考えているのであれば、その前に焼かないようにしないといけません。長袖を着たり、日焼け止めクリームをしっかり塗るなど対処するようにしましょう。

Copyright© 2018 脱毛をするメリット【ムダ毛をなくすだけでなく美肌効果も得られる】 All Rights Reserved.